プエラリアの効果効能

プエラリアの効果効能

プエラリアの効果効能を挙げてみましょう。

 

まず表面上の変化で言われているのが、色が白くなるということ。美白ですね。、そして乳腺を発達させてバストサイズをアップさせるということです。

 

これはプエラリアが女性ホルモンの中で卵胞ホルモンに近い働きをすると言われていることと、女性ホルモンのエストロゲンを活性化させるミロエステロールとデオキシミロエステロールという成分を非常に多く含んでいることがその理由とされています。

 

女性のバストサイズの変化は思春期に4年間ほどかけて行われますが、それはすべて初潮と関係していると言われています。初潮の1年前から胸が膨らみ始め、その後初潮を迎えて大人の身体に落ち着くまでにバストサイズもアップして大人の胸に変化します。

 

これらをコントロールしているのは女性ホルモンですから、その働きと似たような働きをしつつ、本来の女性ホルモンも刺激するということが女性らしい身体を作る上で重要な役目を果たしています。

 

とは言え、生まれ持った民族性から言って、日本人のようなアジア人女性が女性ホルモンのはたらきを強めただけで欧米人のような発達した乳腺に変化するというようなことはありません。

 

あくまでも、成長期にストレスなどでホルモン分泌に障害があったか、激しいスポーツなどで女性らしい身体が作られなかった時間を取り戻すというレベルに考えたほうが良いでしょう。

 

本来ならもっとふくよかであってもよかったはずのバストが、いまひとつ成長しきれていないという人なら十分効果は望めます。どちらかと言うと色が白くなる、透明感が増すという効果効能のほうが如実に現れやすいようです。