ピルとバストアップとの関係

ピルとバストアップとの関係

ピルとバストアップの関係は、バストアップを希望する女性の間ではすでに知られつつあるものです。どういった内容なのか、一度まとめてみましょう。

 

・ピルとは

日本でピルと言えば婦人科で処方される避妊薬というイメージかもしれません。

 

仕組みとしては、ピルを飲むことで妊娠中と同じ身体の状態を擬似的に作り出し、排卵を止めるというものです。その他にも生理不順のリズムを作り直す治療や、生理痛のひどい場合の緩和改善をする治療、ホルモン分泌の異常を治す治療などにも使われるもので、医師の指示の元、正しく内服すべきものです。

 

・ピルの成分

ピルを飲むだけで妊娠状態を作り出す・・・これは考えると怖い事でもあります。

 

実はピルの成分は女性ホルモンそのものずばりで、卵胞ホルモンであるエストロゲン、黄体ホルモンであるプロゲステロンの2つが中に配合されています。

 

妊娠すると妊娠状態を維持するためにこれらのホルモンが大量に分泌されるので、逆にその状態を薬で作り出すことで、身体に「妊娠している」と錯覚させるはたらきがあります。

 

・バストアップでリスクを負う?

妊娠すれば、母体は赤ちゃんのために身体を作り変えて準備を始めます。

 

母乳を与える準備のためには乳腺を発達させる必要がありますから、バストアップするのは当然のこと。自然な妊娠であれば正常なことですし、ほぼ問題は無いことなのですが、これを人工的に作り出すということに問題があるのです。バストアップのためだけに、あまりにも高いリスクを背負う・・・それは絶対におすすめ出来ません。

 

・強い副作用のある場合も

病院で処方された低用量ピルであっても、強い副作用を起こす人はたくさんいます。

 

強い吐き気が治まらない、常に気持ちが悪い、イライラする、身体じゅうがむくむ、精神的に落ち込むなどなど、こんな状態が1ヶ月も続くと、耐え切れなくなって服用を断念するのもわかりますよね。

 

主治医の元で状態を観察しながら少しずつ少しずつ身体に慣らしていくことでうまく付き合っていくことが出来る場合もありますが、それでも長期間服用すると「血栓症」という怖い病気になり、脳梗塞や心筋梗塞などの生命に関わる病気を引き起こす場合があるのです。

 

そんな怖いリスクを、バストアップのために負いますか?