プエラリアの副作用

プエラリアの副作用

プエラリアの効果は大きいと評判ですが、同時に副作用も注意する必要があります。

 

プエラリアは女性ホルモンの一種と同じような作用をすると言われていますのでわかりやすいですが、女性が平均28日の生理の周期の中で起こす体内の変化の中で、プエラリアが余計な作用をしてしまう場合があるからです。

 

女性の身体は卵胞ホルモンであるエストロゲンと、黄体ホルモンであるプロゲステロンの2つの種類の女性ホルモンを軸に生理周期を作っていますが、この分泌量に外部からプエラリアが関与すると、バランスやリズムが崩れてしまうわけですね。

 

例えば、エストロゲンが減ってきてプロゲステロンが多くなることで排卵が起こるしくみなのに、エストロゲンに似たはたらきのあるプエラリアをいつまでも飲み続けていることでこの変化が阻害されて、排卵期から生理までのサイクルが乱れてしまい、いつまでも生理が来ないといった不順を生んだりしてしまう可能性があります。

 

つまり、エストロゲンがあまりあってはいけない時期にプエラリアがエストロゲンのような顔をして居座っているために、排卵が行われなくなってしまったり高温期がズレてしまったりするという怖い作用が出てくるのです。

 

いつまでもそんな状態が続いてしまうと、不妊にもなりかねませんね。

 

プエラリアで問題を起こさないでうまく活用している人は、これからエストロゲンが増えるべきタイミングでプエラリアを体内に摂取することで、本来のリズムを壊さず強化するという方法をマスターしています。

 

ですが用法容量をしっかり守っていれば、それほど気にする事もないとは言われています。バストアップクリームの場合は特に問題はないですが、サプリを飲む場合は過剰摂取をしないように注意しましょう。

 

それでも体質に合わない人はキッパリあきらめて、自分の身体を大事にしたほうが良いですよ。