大胸筋でバストアップはしない?

大胸筋でバストアップはしない?

大胸筋(だいきょうきん)は、バストの脂肪を支えている胸の筋肉です。
これを鍛えればバストアップするでしょうか?残念ながらそうはならないでしょう。

 

ただ、大胸筋を鍛えるとバストの形を整えられるという意味はあります。

 

年齢で下がってしまったバストの位置をアップさせたり、ハリを取り戻したり、左右のバストが離れて見た目が悪くなることを防ぐためには大胸筋のトレーニングも効果があります。

 

でもバストアップクリームなどで求めている本来の効果とは少々違うでしょうね。

 

男性が男らしい胸板を鍛えてバストアップするという意味とは違います。運動で胸囲が増えても、AカップがBカップになるような女性のバストアップとは求めるものが違いますよね。腕立て伏せやダンベル運動を頑張っても、ちょっと意味が違うかもしれません。

 

どうせ運動をするなら、そうした無酸素運動ではなく、ストレッチをおすすめします。ストレッチは血行が良くなるので胸にハリが出て、酸素も栄養もホルモンも十分行き渡るのでサイズアップの効果が期待出来ます。

 

ストレスも緩和されるので精神的にも良いですね。

 

ただ、運動するときにはバストを振動させてはいけません。よくダイエットのマシンで脂肪を細かく振動させてスリムにするものなどがありますよね、揺れは脂肪にとっては大敵です。胸が揺れてしまっては、せっかくの脂肪が燃焼して無くなってしまいますので、かならず揺れ防止の出来るスポーツブラを着用してください。